離婚のハードルが下がり離婚協議書が必要な時代

ビル

離婚は、昔と今ではイメージが大きく違います。
今では、性格の不一致などで離婚が認められますし、世間的にも仕方のないことだと考えられています。
しかし昔は、性格の不一致程度で離婚することに反対する人は多かったです。
特に女性に対して、世間の目は冷たかったので。
夫の甲斐性がなければ妻の責任になり、夫が病気になれば妻の健康管理が問われ、性格の不一致を言えば女性の我慢が足りないと言われていました。
また、男性の浮気に対しても、女性は我慢して当然と思われていました。
だから昔は離婚協議書なんて必要なかったのかもしれません。
今では女性の自我は強く、世間もそれを認めているので離婚のハードルは下がり、そして離婚協議書が必要な時代になっています。